日本大学医学部

日本大学医学部一般教育研究紀要
Bulletin of Liberal Arts & Sciences Nihon University School of Medicine.

■ISSN 1344-3933

発行年 No.   タイトル 著者
2008 第36号 原著 Pluriharmonic maps from tori into projective unitary groups and configurations of points on rational or elliptic curves 谷口哲也
宇田川誠一
1
教育実践 日大医学部1年生の自然科学実験Ⅱ(化学分野)Chemical Biologyの実習例 宍倉文夫
間野素子
木許一良
27
原著 日本産スナウズムシ科(Coelogynoporidae)渦虫類(扁形動物,有棒状体類)における筋肉組織の局所的な発達 田近謙一 47
2007 第35号 原著 運動合宿時における血液成分の変動ー第1報ー 富原正二
山村孝之
1
6次元球面内の(Ⅲ)型の概複素曲線の楕円関数およびRiemannθ関数による表示公式 宇田川誠一 7
日本産イトウズムシ科渦虫類(扁形動物,有棒状体類) 田近謙一 23
論説 中世フランス ブルゴーニュと教会の華 池田忠生 33
翻訳 翻訳「欧州連合条約」ー「リスボン条約」による改正条文ー 小林勝
仲村洋之
78
2006 第34号 原著 Teaching English for Outcomes at a Medical School Reuben M Gerling 1
日本産コエロギノポラ科渦虫類(扁形動物,有棒状体類) 田近謙一 11
分子軌道と化学 木許一良
間野素子
23
論説 中世フランス  南仏(ル・ミディ)のロマネスク 池田忠生 39
書評・翻訳 アメリカのトールテール(ほら話) 泉琢磨 63
原著 内面の「闇」への問いーカフカおよびゲーテによる「生」の追求ー 吉岡茂光 74
2005 第33号 原著 Using PBL-Like Methods in the English Language Class Reuden M Gerling 1
身体部位別生体電気インピーダンス測定装置による大学生女子長距離走選手の筋肉量分析 山村孝之
富原正二
大門亘
9
書評 中世に起こった大学が示唆する大学教育『西欧精神の探求ー革新の十二世紀』(上・下)堀込庸三,木村三郎 編 泉琢磨 15
論説 道教の実相 羅秀吉
泉琢磨
19
ドイツの大学教育問題 仲村洋之
小林勝
29
中世フランス ピレネーのロマネスク 池田忠生 43
カフカの『変身』及び「迷宮」からの逃亡 吉岡茂光 72
2004 第32号 原著 皇居内のフトミミズ類DNAのRAPD分析 宍倉文夫
他2名
1
論説 「臨床心理士」ブームの背景と問題点 松野俊夫 13
代謝についてー運動の立場からー 富原正二 23
日本に渡った神仙思想 泉琢磨
羅秀吉
27
オイラー数と曲面の曲がり方の関係を記述する究極の定理ーガウス・ボンネの定理ー 宇田川誠一 35
書評 『武士道』新渡戸稲造著 泉琢磨 49
『磁力と重力の発見』山本義隆著 大門亘 55
2003 第31号 線織面について 井川俊彦 1
Tzitze´ica方程式について 宇田川誠一 13
坑マボヤ(Halocynthina roretzi)58-kDa プロテイナーデインヒビターモノクローナル抗体陽性物質 局在部位の免疫組織化学的検索 大竹伸一
阿部健之
宍倉文夫
43
フランス中世ーケルトとブルターニュのロマネスク教会ー 池田忠生 53
2002 第30号 情報科学実習(全国医系大学の建学の精神の調査) 井川俊彦
宇田川誠一
三宅守常
1
中世フランス フォントネーとプロヴァンスの三姉妹 池田忠生 17
 「ハックルベリー・フィン」の擬語り体とその詩的描写再考 泉琢磨 35
紳士道のイギリス文化(付ーアマチュアリズム考) 泉琢磨
山村孝之
45
カフカにおける‘猟師グラックス’と物語りの成立 吉岡茂光 63
2001 第29号 Nearly Sasakian多様体について 井川俊彦 1
体育・スポーツ指導時における指導者の言動に関する留意点について-学生にとって嬉しかった言葉,嫌だった言葉の調査よりー 山村孝之 9
中世フランスー巡礼と中部ピレネーのロマネスクー 池田忠生 19
Benjamin Franklinと福沢諭吉の『自伝』(研究ノート) 泉琢磨 39
史料紹介 聖光房辨長『聖光上人臨終用意』 三宅守常 58