日本大学医学部案内
9/60

 入学したばかりの1年生は,基礎医学,臨床医学などの本格的な医学を学ぶ機会が少なく,ともすれば医学へのモチベーションを保つのに難しい時期かもしれません。しかし,本学部は,一般教育科目と基礎医学とが融合したカリキュラムによって,さまざまな角度から理解を深め,臨床医学を学ぶうえで必要な知識を蓄えることができます。さらに,「自主創造の基礎1」では,学修を進める上での基礎を養います。場面に応じたコミュニケーションの理解を学修し,介護・福祉・接遇等に関わる専門家の指導を受け,医学生として誠実な態度に基づく他者とのかかわりの重要性を認識します。「自主創造の基礎2」では,「自主創造の基礎1」で学修した内容をもとに実際に医療現場に趣き,医学生としての自覚をもった基本態度を形成することができます。また,キャリア教育の講義により6年間における主体的学習目標と各自が目指す将来像を明確にできます。「医学序論」では,「自己開発型教育」実践のために,学生3~4人が1グループとなり,教授・准教授の先生とフリーディスカッションを交わす「スモールグループ・セミナー」を行っています。課題となるテーマは,講義で学んだ内容が課され,実践と理解を繰り返し,知識の定着を図ります。 生体が生命維持のために進化させてきた特殊な構造・機能をそれぞれ系統的に理解することにより「生体の認識」を行うことを目的としています。これを理解していれば,病気の名前を知らなくてもどこが悪いのかということを明らかにすることができます。同時に,病気の状態を理解することができれば正常な生体の認識を理解するうえでも役立ちます。このように「生体の認識」・「病態を理解する」という2点を学ぶことを主眼に置き,本格的な医学を学ぶための土台作りをします。講義と実習・演習を組み合わせることによって効果的に学修を進めることができます。日本大学医学部 カリキュラム受け身型教育ではなく自己啓発型教育を行い,6年間を通じて,一般教育・基礎医学・臨床医学・社会医学の各分野を総合的に学習し,人間性に溢れた倫理観のある人材育成に努めます。1医学序論,自主創造の基礎1・2医師を目指す者としての使命感・倫理観を学ぶ年次2基礎医学系統講義医学の基本である人体の構造・機能を学ぶ年次9

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です