日本大学医学部案内
52/60

52Nihon University School of Medicine 看護専門学校 4つの特長1.教育は日本大学医学部をはじめ他学部から優秀な教師陣が担当し,国家試験の合格率は全国でも常に上位に位置しています。2.医学部との合同講義科目を設定し,また図書館,学生食堂など医学部学生と同じキャンパス内で学べます。3.クラブ活動は医学部学生と合同で活動ができます。4.就職は日本大学の病院で働くことができます。毎年約80%の卒業生が就職しています。同窓生の多くが看護の実践者として付属病院をはじめ国内外で活躍されています。5.専門のカウンセラーによる学生相談室を開設しています。校内実習 1年次より,校内で基本的な技術を学びます。ベッドメーキングでは,2人で実際にベッドメーキングを体験。メーキングする時の身体の向きや手のそえ方など,ひとつひとつ先生が指導をします。そのほかにも,清拭や洗髪の仕方,車椅子や担架への移動のさせ方,注射など,必要な技術を身につけられる授業になっています。心と身体の健康〈学生相談〉 専門職をめざした皆さんは高校までの生活と異なり自分で物事を判断しなくてはならない状況におかれることが多くなります。そして,自分なりの人生を実現していくためには自分自身を知り,社会の中におかれている自分の位置を正しくとらえることも大切になります。しかし,そのような中で時には不適応に陥ることがあるかもしれません。そのときに皆さんの悩みに応じるため,看護教員は日本大学主催の「学生相談」の研修を受けております。また,心理の専門家が相談に応じています。123日本大学医学部附属の看護専門学校です。担任制をとり学生個々の特徴を理解した指導体制を整えています。看護技術習得において,基礎看護技術グループ(小グループ)制や技術支援学習を導入しています。確実な技術習得にむけて看護教員が責任をもって指導し,臨地実習の際,不安なく取り組むことができます。沐浴点滴管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です