日本大学医学部案内
22/60

 日本大学医学部の卒後教育の特徴は,臨床研修中はもとより研修修了後も,本学ならびに関連施設での臨床,研究,教育を継続することが可能な制度を確立している点です。日本大学医学部と関連病院での充実した卒後教育を通じて,同じ絆でつながった仲間とともに,これからの日本を担う医師として活躍していただくことを願っています。  本学の卒後教育には,日本大学医学部附属板橋病院を基幹病院として,日本大学病院(神田駿河台)ならびに60以上ある関連施設において研修可能なプログラムが組まれています。基礎的研究や臨床的研究を行い,博士号を取得するためのサポート体制も十分に準備されています。また,大学院に入学し,横断型医学専門教育プログラムによって,大学院生として学位を取得するとともに各学会の専門医の習得が可能なシステムも構築されています。卒後教育Postgraduate education22Nihon University School of Medicine ■ ガイドブックの紹介学系・分野ガイドブックと関連病院ガイドブックを毎年発刊しています。ご希望の方は医学部庶務課までお問い合わせください。■ レジナビフェア東京ビッグサイトで行われたレジナビフェアに参加しました。大勢の医学生,初期研修医がブースに足を運んでくれました。後期研修医の募集は随時受け付けておりますので,希望する診療科の医局に直接お問い合わせください。■ 関連病院・学系分野による合同採用説明会毎年,大学内で関連病院と本学の診療科による初期・後期研修の採用説明会を開催しています。例年50以上の施設,診療科が参加して100名以上の来場者が熱心に聞き入ります。全体の説明会の後に個別の説明会がありますので,より詳しい説明を聞くことができます。■ 6年生に対するマッチング説明会研修医マッチング(組み合わせ決定)とは,医師免許を得て臨床研修を受けようとする者(研修希望者)と,臨床研修を行う病院(研修病院)の研修プログラムとを研修希望者及び研修病院の希望を踏まえて,一定の規則(アルゴリズム)に従って,コンピュータにより組み合わせを決定するシステムです。本学では,毎年6年生に対してマッチングの流れから,メリット,登録方法などについて細かく指導しております。■ 関連病院長会議教育,研究及び診療に係る諸問題とそれに関連する重要事項について協議し,相互の理解を深めるとともに,意見の統一を図るため,大学執行部と関連病院(現在68施設)の病院長が集まり毎年会議を開催しております。若手医師から本学での研修の雰囲気や内容を丁寧に説明。日本大学と関連病院の研修情報が満載です。ぜひご活用ください!※詳細は日本大学医学部のホームページをご覧ください。イベント情報卒後教育担当:山本 隆充 教授(Prof. Takamitsu Yamamoto)研修プログラムの説明や,初期・後期研修の個別説明会。詳しい研修内容が聞けるよ。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です