日本大学医学部案内
14/60

医師にとって英語は必要不可欠 医療において英語が国際共通言語となっている現在,医師にとって英語は「使えるのが望ましい」というものではなく,「必要不可欠」なスキルです。英語ができないと最新の医学情報を取得することはできませんし,国内で増加する外国人の診療をすることもできません。日本語で医学論文を書く場合でもそのタイトルと抄録は必ず英語でも書かなければなりません。さらに医学の世界では英語が共通語であるため,英語を使えなければ日本語を使う非常に小さなコミュニティでしか医学を考えることができなくなってしまいます。このように英語は海外留学を希望する医師だけでなく,日本国内で臨床をする医師にとっても必要不可欠なものなのです。日本大学医学部での医学英語教育の目標 日本大学医学部では医学英語教育を重視し,実践的な英語を使える医師の育成を行っています。具体的には卒業時に全ての学生が1.英文の医学文献を読める2.英語で医療面接(診察)ができるという2つのスキルを身につけていることを目標としています。日本大学医学部の医学英語教育方針“AID” 本学部の医学英語教育方針は“AID”というキーワードに集約されます。Applicability/Adaptability(実践的な学習内容と評価方法) 医学英語のスキルは実際の医療で活用できるものであるべきという視点から,「学習内容」と「評価方法」の2点において実践性(applicability/adaptability)を重視しています。 「学習内容」に関しては,実際に医師になってから使う医学英語の表現と作法を扱います。「医学英語を学ぶ」と聞くと,専門用語をひたすら暗記するようなイメージがありますが,そのような学び方では実際の医療の場面で英語を使えるようにはなりません。日本大学医学部ではどのような表現がどのような場面でどのように使われるのか,といったところまで考え,実際に役に立つコミュニケーションスキルとして医学英語を学びます。また講師陣には2名の医師がいるので,「医学英語を学ぶ」のではなく,「英語で医学を学ぶ」環境が可能となっています。 「評価方法」に関しては,筆記試験だけでなく,医療面接やプレゼンテーションといった実技も最終評価として導入しています。また実際の授業ではスキルズラボでさまざまな医療シミュレーションを英語で行うものもあり,英語で医療を行う中で医学英語のスキルを評価しています。Integration(統合されたカリキュラム) 本学部の医学英語教育では学習効果を高めるため,その学習内容は医学英語授業間,および日本語で行われている医学教育の内容と統合されています。 各学年の医学英語の授業は複数ありますが,その全てが統合されています。たとえば2年生では各週で1つのテーマを扱い,英語Ⅳ,英語Ⅴ,英語Ⅵという3つの授業が異なるスキルを扱いながらも1つのテーマに沿って学習できるように構築されています。 また医学英語の学習内容は全て日本語で行われている医学教育の内容と統合されています。たとえば2年生で「循環器」を学んでいる期間には,医学英語の授業でも“Circulatory System”を扱います。また3年生,4年生のproblem-based learning(PBL)の期間には,医学英語の授業でもPBLのテーマと同じものを扱います。 このように複数ある医学英語の授業を一つのテーマで統合し,かつ日本語で行われている医学教育の内容と統合することで,医学英語の理解度が飛躍的に高まるのです。Diversity(多様な授業内容と課外活動) 本学部の医学英語教育は「選択科目」ではなく,700名を超える全学生を対象とした「必須科目」です。英語Ⅰ(1年):医学用語英語Ⅱ(1年):医学ライティング英語Ⅲ(1年):医療面接英語Ⅳ(2年):医学用語(基礎医学)英語Ⅴ(2年):説明&医療面接英語Ⅵ(2年):リスニング英語Ⅶ(3年):症例報告&医療面接医学英語(4年):論文読解&医療面接臨床実習(5年 & 6年):論文読解&症例報告など合計:約300時間の医学英語授業 これらの必須授業には海外からの招聘された著名な医師も参加します。 必須授業以外にもTOEFLや米国医師資格試験(USMLE)を受験するためのさまざまなセミナーを開催し,他大学からも多くの学生が聴講に訪れています。また学生だけでなく,医師や大学院生を対象にした医学英語のセミナーも充実しているので,卒業後にも医学英語のスキルを磨くことが可能となっています。 課外活動に関しては下記のfacebookでその詳しい内容をご覧頂けますので,ぜひご覧下さい。www.facebook.com/medengnu講師陣は全員が医学英語コミュニケーションの専門家 一般的な英語講師では,医学の知識を必要とする医学英語教育はできません。日本大学医学部の医学英語講師陣には2名の医師(日本人,イギリス人)に加え,3名の医学英語専門家の計5名の講師が揃っています。全員が医学英語コミュニケーションを専門とする専門家であり,医学生だけでなく全国の医師に対しての医学英語教育も行なっているプロフェッショナル集団です。医学教育企画・推進室(医学英語担当)常勤(3名)押味貴之:医師/医学英語/医療通訳E.H.Jego:コーパス言語学/医師-患者コミュニケーション高橋良子:プレゼンテーション/医療通訳/TOEFL非常勤(2名)J.Thomas:医師/小児科/臨床医学英語貝原加珠:医療通訳/医療面接 このように日本大学医学部で学べば,医師として本当に役に立つ医学英語を身につけて卒業することができます。日本大学医学部で将来に役に立つ医学英語を一緒に学びましょう!日本大学医学部では卒業時に実践的な英語を駆使できる医師を育成すべく,質・量ともに国内トップクラスの医学英語教育を行っています。国内トップクラスの医学英語教育14Nihon University School of Medicine

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です